理想の庭を実現できるガーデニングのコツとは?

植物

手軽に栽培できる植物

じゃがいも

土作りが大切

ジャガイモは、初心者でも育てやすく栽培の手間がかからないため、育て方のコツを知っておけば誰でも簡単に作れます。また、ジャガイモは春と秋の年に二回の栽培が可能なので、収穫を年に二回行いたい場合には計画的に育成していきましょう。そして、ジャガイモの育て方で重要なのは、根を十分に広げることができる土作りで、水はけが良く養分を吸収できる土を作ります。少ない肥料でも育つジャガイモですが、初期の育成を促すためには、バランスの良い肥料を施すことがポイントです。また、ジャガイモを美味しくする育て方としては、カリウムの追肥を行うことが大切なので、芋が大きくなり始める前にカリウムを肥料として与えます。ジャガイモの種に使用する芋は、ウイルスを持っている可能性が高いため、普通の芋ではなく種芋として販売されている芋を使用します。種芋は芽を出しておくことによって成長速度を早められるため、雨に濡れない場所に保管しておき、芽を出してから植え付ける育て方をします。植え付けでは株を30センチ程度の間隔にして、深さは10センチ程度で植えるとよく成長します。植え付けが終わっても水やりは不要で、土が湿っている状態で植え付けを行うと種芋が腐ることがあるため、晴れている日に植え付けを行います。連作障害の多い植物は多いですが、ジャガイモも同じ場所で育てると成長が悪くなるため、同じ場所で栽培を行う時は3年は期間をあけることが、ジャガイモの育て方として重要です。